2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | グラウンドゼロ »

2008.09.09

遠くて近い国へ(その1)

               
えっ!! まさか、こんなところまでッ!

    

    
成田から遠く1万8,497キロ。 飛行機でおよそ24時間

      

時差は12時間で、季節も冬。
    

反対の、そのまた反対だ。

       

そう、日本のちょうど真裏に当たるブラジルにやってきたのだ。

       

足元を掘り続ければ、地球の中心を貫いて日本にたどり着くのかも・・・。

    

Dsc_6108
日本から持参した携帯電話  見よ!時差がちょうど12時間なのだ

    

Dsc_6107
持参したアナログの目覚まし時計は、
時差があるのに12時間だと針を動かさなくて良いのだから不思議

    
   

海外には4泊以上しないことを原則にしている僕が、2週間の長期にわたりブラジルとアルゼンチン、そしてアメリカ合衆国を訪ねるのだ。

    

少し大げさに言えば、南北アメリカ大陸縦断の旅・・・か。

      
世界中がBeijing(北京)に釘付けになっているときに何もわざわざひねくれて反対方向に行かなくても・・・。

    

    

南米は初めてだ。

    
Dsc01342
いよいよ赤道を越えた・・・   機内の座席モニターで

    
   

行くと決めてからずっとワクワクのしっぱなし。

   

20代の頃の未知の世界に足を踏み入れる緊張感を久々に思い起こすことになった。

    

ブラジルに行ったことのある人たちからは

とにかく遠くて疲れるよ」と異口同音に脅かされた。

    

   

Dsc01338_3最初の訪問地、ブラジル・サンパウロにはニューヨーク経由で行く。

     

おかげでマイルが一度にタップリ貯まった・・・。

            

         

しかし、数日前まで海外での仕事を抱えていたために、なんの事前勉強も予備知識もないまま、駆け込むように飛行機に飛び込んだ僕には、頂いた南米に関する資料に目を通し、夢を膨らませるのに24時間はむしろ短いくらいだった。

        

僕って、まだ若い!?

     
   

でも正直、ボお~ッとした頭と体を引きずりながら、ブラジル・サンパウロ空港に到着したのだった。
                                  (次回に続く)

     

Dsc_2980
サンパウロ・グァルーリョス国際空港

   
Dsc01376
   

Dsc_2851

      

   

« お知らせ | トップページ | グラウンドゼロ »

コメント

おかえり~!ブラジルレポートを楽しみにしています。

じーこむらさんコメント深謝!
今回の旅は最高でした。興奮の連続。
でも実はまだ時差ボケで調子が狂いっぱなしなのです。少しでも体験した現地の様子が伝わるよう頑張ってアップしていきますね。時々立ち寄っていただければ嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/42423715

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くて近い国へ(その1):

« お知らせ | トップページ | グラウンドゼロ »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば