2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 遠くて近い国へ(その3) | トップページ | 遠くて近い国へ(その5) »

2008.09.22

遠くて近い国へ(その4)

            
(先回から続く)
      

一度刺激を受けると、さらに強い刺激を求める・・・。

    

僕はサンパウロの下町をさらにディープなところへと歩を進めていった。

    

    Dsc_7017

    

もうすっかり地図でも今の位置はわからなくなってしまっている。

    

Dsc_7003

     

市場の雑踏を過ぎて10分くらい歩いたであろうか、ホコリっぽく
土気色をしているが、明らかに大きなバスターミナルのようなところにたどり着いた。

      

あちこちからひっきりなしにバスが行き来している。

   

Dsc_7077

    

結構新式バスばかり。
   

バスは大勢の人を吐き出したり、また吸い込んだりして出入りを繰り返している。

   
Dsc_7009
あれぇ~っ。ここにも背中が開いている娘が

    

    
そのバスの乗降客が必ず通るあまり広くない広場のようなスペースがシンプル商売の小宇宙なのだ。

    

Dsc_6979

   
Dsc_7079

   

しばらくここをウロウロする事にした。

     

いろんなものを売ってるじゃないか。

    

Dsc_6966_2
ブラジル人はカラフルがお好きなようだ

    

 Dsc_6997
 ナタを振り下ろす!!
      Dsc_6998
               お見事ッ!!  それにしてもアブねぇなぁ

    

   

大体簡単な食べ物が多いようだ。

      
         
Dsc_7025

本場のシェラスコ売りもいる。

   

Dsc_7044
    

この炭火焼の煙を嗅いで、何度誘惑に負けそうになったことか!

   

なんとも言えないジューシーで、しかも香ばしい肉の香り。

よだれが落ちてくる。

   

Dsc_7041

   
これはブラジル版「角打」(立ち飲み居酒屋)か。

     

     Dsc_7074
     手前のピリカラっぽい突き出しが強い酒に合いそうだ

     
Dsc_7050
あ~あ オジさん、酔っ払っちゃったの?
    

香港の80年代の九龍城、マニラのスラム街、バンコクの深夜の屋台群などと異なり、これまでのアジアではあまり体験したことのないディープな感じがたまらない。

   

始めは少々心細かったので、サッサとおいとましようと思ったが、なぜかこのエリアが僕を受け留めてくれているような錯覚がして、ついつい長居をしてしまった。

    

かれこれ40分以上いたであろうか。たいして広くもないスペースに。

    
Dsc_7030
美味しそう!

   
Dsc_6969
褐色のまばゆさ

          

とても小汚いのに、いつまでも居ていたいと思わせる妙に惹かれる場所だった。

    
      
Dsc_7032

   

Dsc_6973
カチカチなアイスキャンデー

   
Dsc_7023
アレレ?? ヤッパ背中開いてんじゃん

    

    

今度は人の流れに任せてズンズンと歩いていく・・・

      

Dsc_7121

   
   Dsc_7123

       
Dsc_7153 

     

   
すると、あの有名なセー広場に出てきた。
    

     
Dsc_7264
カテドナル・メトロポリターナ大聖堂

   
Dsc_7367

    
Dsc_7225 

      

これでようやく地図でどこに居るのかがわかったゾ。

    

相当な距離を歩き廻っていたことを知る。

     
Dsc_7377 Dsc_7465
またこの辺りからスタイリッシュなパウリスタが多くなる

Dsc_7364 Dsc_7380

   
Dsc_7516

    

かなり運動量に加え、心の緊張感が弛緩した脱力感が合わさり、
なんとも言えない気だるい疲れを初めて感じる。

    
Dsc_7495
夕日に伸びる長い影がなんとも美しい

   
Dsc_7480
ヨーロッパそのもの

    
 

 ああ、やっぱり、旅に出て来て良かった・・・。

      

 古いカトリック教会の袖で、ふとそう思った。

                               (次回に続く)

     

Dsc_7381
telephone stand 2

    
Dsc_7500

   
Dsc_7446

      

« 遠くて近い国へ(その3) | トップページ | 遠くて近い国へ(その5) »

コメント

8月末に沖縄に出張に行ってきましたが、ブラジルでは沖縄移民100周年の記念行事があちこちで開かれていると聞きました。日本と深いつながりのある南米の地。そこに今おられるんですね。なんか見ててもワクワク、どきどきですね。気をつけて楽しんでください。

素晴らしいニッポンを売るさんならではの旅ですね。私のPCディスプレイから、サンパウロの空気が漂ってきました。ありがとうございました。ナイトクルーズ編も期待したいところですが・・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/42529019

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くて近い国へ(その4):

« 遠くて近い国へ(その3) | トップページ | 遠くて近い国へ(その5) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば