2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 遠くて近い国へ(その1) | トップページ | 遠くて近い国へ(その2) »

2008.09.11

グラウンドゼロ

        
先のエントリで、ブラジル・サンパウロに着いたところまで書いたが、今日はちょうど9月11日なので、どうしても紹介したいことがある。

    

すなわち9・11アメリカ同時多発テロ事件のあった日。 
      
いまから7年前の2001年だった。

    

実は、サンパウロへはニューヨーク(NYC)経由で向かったと前回紹介した。

          

Dsc_4809
ニューヨークJFK国際空港

   
   

そのNYCで約8時間の乗り継ぎの合間に、あのグラウンド・ゼロに行ったのだ。

  

Dsc_5657
向かいのビルからグラウンドゼロを望む

        
     

グラウンドゼロとは本来、原爆などの爆心地の意味だが、ここNYCではアメリカ同時多発テロ事件で痛ましい被害を受けた、かつての世界貿易センタービルが建っていたところがそう呼ばれている。

     

現在の様子は、一見、巨大な近代建築の再開発工事現場にしか見えないが、ここを訪ねて観る者にとっては、とても重苦しい思いがつのる生々しい「歴史の現場」である。

     

グラウンドゼロの現場前に立つ。

    
Dsc_5676

    

同時多発テロ事件で犠牲となった日本人24名を含む計2973名の尊い命に対して黙祷を捧げた。

   

断じて許されない暴力という手段を用いたテロ活動を心から憎む。

         

いずれまたブログで紹介予定のNYCの空港、主要駅、地下鉄、ビル、証券取引所など、いたるところで今でも毎日24時間の警備が続いていて、どれだけの莫大なコストを払い、またあの自由でオープンだった憧れのNYCの各施設がなんとも窮屈になってしまったのは、安全のためとは言えとても残念だ。

      

同時に、なぜこのような痛ましい事件が起こったのかの背景についても改めて考え直してみた。

    

冷戦が終結したにもかかわらず、21世紀を迎えた直後の新たに複雑な世界秩序を暗示させるシンボルとなってしまった。

     
Dsc_5683

     

もともと貿易センタービル(ツインビル)は、ミノル・ヤマザキ氏という日系アメリカ人建築家によって設計されたものだそうだ。

     

現在、アメリカの独立した1776年にちなみ全高1776フィート(541m)の「フリーダムタワー」と呼ばれる新たなランドマークが建築中だ。

    
Dsc_5666

    
      

原爆、終戦と並び、私にとって決して忘れてはならない負の遺産の現場を肌で感じたのであった。

           

« 遠くて近い国へ(その1) | トップページ | 遠くて近い国へ(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/42437992

この記事へのトラックバック一覧です: グラウンドゼロ:

« 遠くて近い国へ(その1) | トップページ | 遠くて近い国へ(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば