2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 遠くて近い国へ(その4) | トップページ | 暴風吹き荒れる世界(その1) »

2008.09.24

遠くて近い国へ(その5)

(先回より続く)

セー広場から、しばらく歩くと隣接しているのがサンパウロ市の
リベルダーデ(Liberdade)地区

   
     
Dsc_7615
リベルダーデ広場前
     
Dsc_7649
広場はちょうど工事中で立ち入ることが出来なかった

      

     

ここは、今回の出張で僕がどうしてもじっくり訪ねたかった場所のひとつである。

    

東洋人街と呼ばれているこの地区は、かつての日本人街で、
いまでも系人の重要なコミュニティーを形成している。

    
Dsc_7682

    

聞くところによると、最近は中国人の進出が目覚しく、店舗のオーナーや家主が商売上手な中国人の手に渡ってしまい、日本人ではなく東洋人街として移り変わっているらしいのだ。

    
Dsc_7756
日本人としては少々残念

   

    
それでも街のレイアウトや店の構えは、まだ日本の面影を数多く残している。

    
Dsc_8060
通りの入り口は朱の鳥居も

   
Dsc_7983
こういうセンス たまらないねぇ

    

さあ、一軒ずつ店舗探訪だッ。

   
   

Dsc_7727
調味料だけでもこの品揃え

    
Dsc_7717
ブラジル産だろう。日本式の野菜が数多く並んでいる

   
Dsc_7687
おやっ!? デコポンが売られているぞ!
熊本県の皆さん!ブラジルまでその名が轟いていますよっ

    
Dsc_7712
日本酒類もこのとおり

    
Dsc_7722

   
おおおお~っ!? イチゴが売られているぞ。

   

日本から持っていければ売れるだろか?

   

Dsc_7737
   

サンパウロでも寿司ブームのようだ。

  
日系人というよりも、白人の方が関心を示していた。

    

       Dsc_7734
       半生和菓子類も良く売れていた

    

Dsc_7744
ジャポニカ短粒種の米も山積みされている。
寿司専用米というのもあった

     

Dsc_7956
麺類も豊富

       

加工食品がメインだけれども、ものすごいアイテム数にビックり。

   
この通りだけには、日本の空気が流れいる。

     

つい、地球の真裏にいることを忘れてしまいそう。

   

  
日系人はもとより、白人、中国人、韓国人など非日系人も数多く買い物をしていたのが印象的だった。

    
   
ここブラジルでも日本食材は人気なのだ。

    

      
Dsc_7953

    

Dsc_7857
文字通り日系社会を構成している。 「ココ ヤキウ」は面白い

                
Dsc_7835
面白いブランドがあるもんだ

         

Dsc_7848
ハチミツや強壮剤プロポリスはブラジルの特産品

      

Dsc_7764
人通りは非常に多い。人種に区別は全く感じられない

    
Dsc_8049

  
東洋人街のメインストリートであるガルボン・ブエノ通り

  
鮮やかな夕陽を浴びながら、僕はこの通りにかかる大阪橋と呼ばれる橋のたもとで30分以上も物思いにふけって立ち止まってしまった。

 
長年にわたる日系移民の開拓者精神
思いを馳せながら・・・。

   

それを思えば、この精神はニッポンを売る!という新たな思想として、今も脈々と僕の体に息づいていると思えばよいのではないだろうか?

     

Dsc_8006

      
     

すでに相当の距離を歩ききっているのに、
脳内アドレナリンは噴出しっぱなし

     

それにしても「ニッポンを売る!」ための本能的行動は
たいしたもんだ
、と自分の事ながら驚くやら、あきれるやら・・・。
   
(本当は時差ボケも加わっていて、かなり参っているはずなのだ)

       

        
        
そして、今からちょうど100年前にあたる1908年にここから約70キロ離れたサントス港に笠戸丸が着岸して、日本人最初の移民が上陸したのである。
                                 (次回に続く)

       

« 遠くて近い国へ(その4) | トップページ | 暴風吹き荒れる世界(その1) »

コメント

いつも楽しく拝見させてもらっています。

何か、にぎやかで行けばパワーやヒントが沢山あるように思えますが・・・私だけでしょうか?

来月の講演会を楽しみにしてます^^!

いつも有り難うございます。

ベジタリーさんご無沙汰です。コメントありがとうございます。僕はできればベジさんのような前途のある青年アグリ実業家にこそ、ブラジルの生の姿、日系人の素晴らしさを自分の眼で見て、肌で感じて欲しいと強く希望しているのです。そんな話を次回いたしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/42539747

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くて近い国へ(その5):

« 遠くて近い国へ(その4) | トップページ | 暴風吹き荒れる世界(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば