2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 旬の力 地元の力(その2) | トップページ | 母なるメコン(その2) »

2008.05.05

母なるメコン(その1)

                 
トナム・ホーチミン市から車で約1時間半ほど南下するとミトーという人口18万人の小さな街に着く。

    
   
Dsc_2949_2
ミトーの街角
   
Dsc_4028
   
Dsc_4029

   

一見どうという事のない集落だが、ここはメコン河の最下流に位置する観光拠点でもある。
   

       
土ホコリ立つ街道が途切れると、突然大河が姿を現した。

          
  
Dsc_3004

   

何か起こったのか、何に感動しているのか、まだ訳がわからないまま、感動して思わず「アッ」と声が出てしまう。

     
川辺には無数の商店や私の船頭や観光案内の娘さんたちが大勢いる。

     
Dsc_2992
    
Dsc_2974
アジアに来たァ~と感じる瞬間
   
Dsc_2964
ヒソヒソ話し

       

さっそく渡し舟に乗船。
   
20人くらいが乗れる中型のクルーズ船だ。

期待の心ワクワク。

  
力強く船は岸を離れる。

   

Dsc_3066

  
Dsc_3063

     
ほどなく船尾で物音がすると思ったら、

娘さんが椰子の実を割ってくれている。
   

Dsc_3054

ひとりに一個、ズシリと重い椰子の実を渡されたが、
ストロー越しに渇ききった喉にサッパリとした椰子汁がゴクゴクと滑り落ちていく。

     
何故かこんなことが贅沢に思えてくるから不思議だ。

      

サービスの原点ってこんなことだったのかも知れない。

椰子って地域資源なんだ。   

    

僕らは川と言えば澄んだ水こそが当たり前で、濁った水は汚染されたもの、汚れたものという感覚があるが、このメコンの土気色の水色こそ、沿岸の栄養分をタップリと含んだ命の水なのだ、という想いもするのである。

       
Dsc_3040

  
Dsc_3142

  

       
滔滔と流れる大河には、大小様々な運搬船や漁船、観光船が忙しく行き来しており、日本とは異なり河川も重要な「交通手段」だということを教えてくれる。

     
Dsc_3095
  
Dsc_3210
   
Dsc_3223

    

確かに「川」というよりは「河」という表現がピッタリする感じだ。

   
Dsc_3206
   
Dsc_3217

     
  

もうあと40キロも南下すると海にでるそうで、遠く源流を中国に持ち、タイ、ラオス、カンボジアを貫き、ここベトナムで河としての使命を尽くすのである。

      
河口にせまるこの地域でも河を生活の場とする風景があちこちに見える。

     
   
Dsc_3115
        
Dsc_3155
    
Dsc_3216 

      

およそ20分で大河を横切り、中洲に上陸した。
                                (次回に続く)

   
Dsc_3138
   

Dsc_3037
    

Dsc_3164
     
     

« 旬の力 地元の力(その2) | トップページ | 母なるメコン(その2) »

コメント

偉大なるメコンの生活が実感できる写真をありがとうございました。川と河の違いも実感できますね。自分の名前も少し自慢できるかなあ(笑)

ラツさん コメントありがとうございます。中国語で「河」と「江」という文字は特別な意味を持ちますよねえ。
昔、河が重要な交通輸送手段だったときは、必ず河辺に都市が形成されたのでしょう。連休特集でメコンの写真を沢山アップする予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/41104400

この記事へのトラックバック一覧です: 母なるメコン(その1):

« 旬の力 地元の力(その2) | トップページ | 母なるメコン(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば