2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.25

母なるメコン(その3)

    
(先回から続く)

観光用とはいえ地元の人や文化の一端に触れた後、さらにずんずんと森の中へ進んでいく。
      

Dsc_3714

   
Dsc_3726
行きすがりの人の表情も実に穏やか

  
Dsc_3716

      

とりあえず葺いたような簡素なあぜ道をおしゃべりしながら歩いているうちに、いつの間にか熱帯ジャングルの中に足を踏み入れていることに気付く。

    
Dsc_3712
   

シュロやバナナの樹の向こうから、何やら水音に混じって人の声が聞こえてくる。
   
       

そう、今日のメインイベントである手漕ぎボートでのジャングルクルーズの始まりだ。

   
Dsc_3748
   

「エエッ!こんなに簡単なボートに何人も乗って大丈夫なの?」
という不安をよそに、早く乗れ乗れと催促される。

   

細長く幅が無いから横に揺れるとても頼りないボートで
ヨロヨロしながら乗り込み、とにかく早く安定するように、と祈るような気持ちでボートのヘリに腰かける。

  
Dsc_3774

   

前後に二人のこぎ手が体を折り曲げるようにして中屈みの姿勢でオールをかぎだす。オールと言うよりはやっぱり櫂のほうがピッタリするか。

  
Dsc_3837
     

細長いからか、加速がつくとロケットのようにスウ~ッと前に進んでいく。

      
Dsc_3763_3

   
ジャングルの木漏れ日の中を水面を這うようにして、
スウーッ、スウーッ

   

気持ちがいい。なんとも気持ちいい
   

       
手を伸ばせば届きそうなくらい両岸が迫っているが、とても巧みに櫂を使って舵を切るから安心だ。

   

反対方向からも、客を降ろしたボートなのだろうか、次々と列を成して漕ぎ上がってくる。

 
Dsc_3854

 
Dsc_3756
      

バナナや椰子、見たこともないシュロの樹の合間を縫うようにボートは進んでいく。

 
Dsc_3790
   

両側のジャングルの茂みを見ていたり、とんでもない量のマイナスイオンを浴びているからなのだろうか、アジアの癒しを感じてなまくらになっている僕の脳全体にα波がタップリと出ていることを実感する。

   
Dsc_3759
This is Vietnam !!

 
Dsc_3849
        

でも突然、ベトナム戦争の時、こんなところをゲリラが待ち構えていたら・・・ なんて映画のワンシーンを重ね合わせてチョッとぞお~っとしてみたりと、なかなかスリルも味わえる。

    
Dsc_3824
水面スレスレなのだ

   
それに観光船とは言え、子供の頃、アニメや小説で夢見ていた冒険心を呼び起こし、年甲斐も無く大興奮してしまった。

    

時折、さすような日差しが照りつけるが、でも笠を借りているから大丈夫。  
とってもベトナム気分を味わえるのだ。

   

どの位の時間乗っていただろうか? 
  

とつぜん大海原、いやメコンの本流だった、に合流し、強い日差しと滔滔たる大河の中に再度放り込まれた。
     
Dsc_3891
     
Dsc_3870
   

クルーズもこれで終了。
   

Dsc_3875
この笠をかぶると本当に感じる熱さが違うから不思議

    

行きに送ってくれた渡しのクルーズ船のあのお姉さんが待っていてくれている。

 
Dsc_3914
     

ボートを乗り換えて中州を離れ、元の船着場を目指して再度メコンを横切る。
    

   
Dsc_3938

       
降り注ぐ強い日差しが反射するメコンの水面(みなも)を眺めながら
ミトー最高!と心の中で叫んでしまうくらい大満足なひと時だった。

   
Dsc_3967

   

様々な恵みを与え、いまだに人々の生活の場にもなっている「母なるメコン」。

   

その懐深い大自然の憧憬を目の当たりにして、私の脳裏にまた新たな思考の空間を与えてくれたような気がする。

      
   
ボートを降り、船着場に上がってベトナムコーヒーで一服だ。

    
Dsc_4016

 
Dsc_4024
“メコン河畔のオグシオ”がコーヒーを淹れてくれた

   
Dsc_4007

       

つかの間の時間を有効に使えた時の充実感は、いつもハッピーな気分にしてくれる。
                                  (終わり)

 

      
Dsc_3922
ハンモックに揺られ、波に揺られ・・・

   
Dsc_4058

     

2008.05.08

母なるメコン(その2)

                 
(先回から続く)

中型の華奢なクルーズ船でメコンの大河を横切り、中洲に渡る。

    
Dsc_3236
渡し舟とはひとまずお別れ。また後でッ

      
         
中州と言っても、対岸のようなもので大きさが判らないほど広そうだ。

     
 
そりゃそうだ。大河メコンの河口岸にバカがつくほど大きな中州があっても不思議ではないさ。

    
Dsc_3242

      

なんか上陸といった感じも大げさではない。

   
Dsc_3272_2

     
先ほどまであれだけ喧騒を振りまいていた車もバイクも無い別天地。

    
Dsc_3246
    
Dsc_3321

     

ギラギラと輝く太陽にバナナやパパイヤの青々した樹が勢いよく茂っている。

   
Dsc_3293
     
     
ヤッパリ天然。植物園のハウスとは違う。

    
Dsc_3286
   
Dsc_3263
自然と共生の小屋

     

Dsc_3268
果樹か植木を作っているのだろうか?

         

しばらく行くと、おみやげ物売りの屋台が軒を連ねている。
   

   
Dsc_3327

   
Dsc_3498

    

地元の娘さん達だろうか。

   
Dsc_3339Dsc_3526

    

英語、日本語だけでなく、韓国語、中国語、広東語まで使い分けて呼び込みを行なっている。

   
Dsc_3277
   

それだけアジア勢観光客の進出はすさまじいんだろう。

   
Dsc_3307
なんかこんな工芸品、ロシアのウラジオストクでも見たことあるぞ

    
Dsc_3280

それにしても日本の観光地とは大違い。シンプルでいいからもっと多言語対応してもいいと思うのに。

   
Dsc_3311_2

   
   
この日は広東省からの団体さんが騒ぎまくり、買いまくっていた。

     
Dsc_3328

       
パワーを見せつけられた。同じ亜熱帯の地区だからだろうか、元気さが違う。

   
ん~ッ。
昔は日本人の団体さんもこれくらい元気だったんだがなあ。

    
Dsc_3322_2

     
   
ベトナム南部の特産を生かしたココナツやコーヒー、サトウキビを使ったお土産にも意外に気をそそられてしまう。

   
Dsc_3475
ココヤシを煮詰めて作る手作りの飴も素朴な美味しさ
   
Dsc_3356
一粒ずつ切りそろえていく
      
Dsc_3367
硬い椰子の実を割るために・・・

     

作られた観光地とはいえ、素朴で粗野でノンビリした南国風情が、これまた何故か旅情を掻き立てられる。

    
Dsc_3620
民族音楽の演奏も

   
Dsc_3685_2

        

そう、ここだけ時間の進み方が違って感じるあの感覚。

    
Dsc_3461_2

    

   
いずれここも近代化の波に揉まれて変わっていくんだろうな、などと思いながら、忘れかけていた遠い昔の「今、この時」を心の底で味わい返していた。

                              (次回に続く)

    
Dsc_3266_2

   
Dsc_3524_2

        

2008.05.05

母なるメコン(その1)

                 
トナム・ホーチミン市から車で約1時間半ほど南下するとミトーという人口18万人の小さな街に着く。

    
   
Dsc_2949_2
ミトーの街角
   
Dsc_4028
   
Dsc_4029

   

一見どうという事のない集落だが、ここはメコン河の最下流に位置する観光拠点でもある。
   

       
土ホコリ立つ街道が途切れると、突然大河が姿を現した。

          
  
Dsc_3004

   

何か起こったのか、何に感動しているのか、まだ訳がわからないまま、感動して思わず「アッ」と声が出てしまう。

     
川辺には無数の商店や私の船頭や観光案内の娘さんたちが大勢いる。

     
Dsc_2992
    
Dsc_2974
アジアに来たァ~と感じる瞬間
   
Dsc_2964
ヒソヒソ話し

       

さっそく渡し舟に乗船。
   
20人くらいが乗れる中型のクルーズ船だ。

期待の心ワクワク。

  
力強く船は岸を離れる。

   

Dsc_3066

  
Dsc_3063

     
ほどなく船尾で物音がすると思ったら、

娘さんが椰子の実を割ってくれている。
   

Dsc_3054

ひとりに一個、ズシリと重い椰子の実を渡されたが、
ストロー越しに渇ききった喉にサッパリとした椰子汁がゴクゴクと滑り落ちていく。

     
何故かこんなことが贅沢に思えてくるから不思議だ。

      

サービスの原点ってこんなことだったのかも知れない。

椰子って地域資源なんだ。   

    

僕らは川と言えば澄んだ水こそが当たり前で、濁った水は汚染されたもの、汚れたものという感覚があるが、このメコンの土気色の水色こそ、沿岸の栄養分をタップリと含んだ命の水なのだ、という想いもするのである。

       
Dsc_3040

  
Dsc_3142

  

       
滔滔と流れる大河には、大小様々な運搬船や漁船、観光船が忙しく行き来しており、日本とは異なり河川も重要な「交通手段」だということを教えてくれる。

     
Dsc_3095
  
Dsc_3210
   
Dsc_3223

    

確かに「川」というよりは「河」という表現がピッタリする感じだ。

   
Dsc_3206
   
Dsc_3217

     
  

もうあと40キロも南下すると海にでるそうで、遠く源流を中国に持ち、タイ、ラオス、カンボジアを貫き、ここベトナムで河としての使命を尽くすのである。

      
河口にせまるこの地域でも河を生活の場とする風景があちこちに見える。

     
   
Dsc_3115
        
Dsc_3155
    
Dsc_3216 

      

およそ20分で大河を横切り、中洲に上陸した。
                                (次回に続く)

   
Dsc_3138
   

Dsc_3037
    

Dsc_3164
     
     

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば