2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 元日のご挨拶 | トップページ | 中国冷凍餃子問題 »

2008.01.26

新たな異国情緒

新年早々記事のアップが滞ってしまった。
申し訳ありません。
   

実は松の内明けからアジアを駆け廻っていたのだ。

年明けから海外に向けてアクションとは俺もやるじゃねぇかと思っていたら、すでにあちこちの都市で「ニッポンを売る」行動が展開されていた。
   
スタートダッシュを切っている人たちが沢山いるということだ。
    
   
Dsc_2376
九州・沖縄・山口9県が連携して上海でプロモーション活動を―
新たな方法論を模索する・・・

  
クリスマスや正月を挟んで輸送や通関などで大変だったと思うのだが、多くの日本の皆さんが一所懸命チャレンジしているんだ。
   

去年は60年に一度の「金猪年」ということで大いに金儲けの舞台となった上海も、そのままの勢いで年を越したらしく、景気の良い強気の話題ばかりで、日本では近年感じたことのないようななんとも「変な異国情緒」を味わうことになった。

       

Dsc_2550
夜通しのインフラ工事も当たり前  

    
Dsc_2265
相変わらずバブリーなコピーが目に付く上海の中心街

    
Dsc_2677
一挙奪金は中国に在り」  ポジティブな言葉が並ぶ
   
今年はいよいよ北京オリンピックを迎える

       

« 元日のご挨拶 | トップページ | 中国冷凍餃子問題 »

コメント

タイムの最新号のカバーストーリーはNY、LONDON、HONGKONGの三都市を合成した都市名Ny.lon.kongがテーマでした。グローバル経済を体現する都市の象徴は「マネー」だと感じました。上海も香港と近いですね。

どんなに恐ろしいことになるのがわかっていても、地球温暖化防止を声高に叫ぶだけでは世界は動かない。そこに人間の欲望を満たすマネーが集まることがわかって初めて動くのがおろかな人間なのかなあ。と思ってしまいました。

ダボスではそんな中で福田さんが生真面目な発言をしているようですね。でも世界の関心は日本のマネーにしかないのかもしれません。

ラツさんコメントありがとうございます。

グローバル化が避けられない道だとすれば、欧米流の「マネー文化」ではなく、日本やアジア式の自然との共生、循環型社会をこそグローバルに広めていくという発想で攻めに出たいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/17854996

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな異国情緒:

« 元日のご挨拶 | トップページ | 中国冷凍餃子問題 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば