2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 食都のプレゼン | トップページ | ベトナムスピード(その2) »

2007.12.03

ベトナムスピード(その1)

      

約一年ぶりにベトナム・ホーチミンを訪れた。

           
飛行機を降り立った途端、いつもと勝手が違う

      
Dsc_7125

    
         
そう、タンソンニャット国際空港の新ターミナルビルが9月に完成したばかりだったのだ。

      
     

Dsc_1339
ホーチミン・タンソンニャット国際空港のスポット    

Dsc_1343

       
     
去年、ついバンコク新空港がオープンしたことに驚いたが、今度はベトナムか・・・。

     
Dsc_6499

         
もうアジアの空港はどこも近代化、大型化され、区別がつかない。

        
昔の空港ビルが懐かしく少し寂しい気もするが、世の中は常に変化するもの

     

ホーチミン14年在住のパートナー氏に聞けば、ベトナム統一後32年間の変化より、この一年の変化の方が明らかに大きいと言う。

      

街の様子も、仕組みも、社会も、人の心もあらゆる面で。

       
     

市内のソフトウエアの会社を訪れた。
      

委託、オフショア、開発、人材確保・育成等あらゆるフェーズで日本との結びつきが強まり、事業は急拡大中。

    
Dsc_1435

     
手狭になったオフィスを引き払い、一流インテリジェンスビルへの移転を決めているのだが、応募が殺到して通知待ちなのだという。

      

ベトナム国内でも製造、流通、物流など社会基盤システムが大変化するたびに、ソフトウエアの大規模ニーズが発生しているようだ。

      

ほかにも金融、食品、農業など様々なビジネスの局面でもベトナムの急成長、大変化が起こっている事を実感することになった。

      

去年行ったから知っている、などと今のベトナム事情を軽々しく語ることなどとても出来ない初日から思い知らされた。
                               
(次回に続く)

       
Dsc_6491

   
Dsc_6492

      

     
    

« 食都のプレゼン | トップページ | ベトナムスピード(その2) »

コメント

もう7~8年前に行ったハノイやホーチミンの姿はすっかり変わっているんでしょうね。だけど市場はそんなに変わってないのではないですか?

ラツさん コメントありがとうございます。変わったと言っても、まだまだ良い所はたくさん残っていますよ。市場も一見変わっていないのですが、妙に落ち着きというか、商売慣れしてしてきたというのか、なんかあの素朴な賑わい感が感じられないのが違っているのではないかと思いました。また市場編も紹介しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/17261690

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムスピード(その1):

« 食都のプレゼン | トップページ | ベトナムスピード(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば