2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 天上の楽園(その1) | トップページ | 天上の楽園(その3) »

2007.12.16

天上の楽園(その2)

       
(前回より続く)
リゾートホテルの館内で優雅に時を過ごせばよいものを、チョロっと外に出たのが運のツキだった。 
    

なんとホテルのすぐ横に、「CHO DA-LAT」(ダラット市場)とあるではないか!

   
Dsc_8333
ダラット市場正面

    

イ・チ・バと聞いて、全身の細胞がビクンと反応する。

   
Dsc_8412

     

ダラット最大の青果市場が今、目の前で懐を開け、長いこと僕の来訪を待っていたかの様に感じ、クラクラとめまいを起こしている。

   
Dsc_9279

   
Dsc_8836
朝6時過ぎでこの賑わい

    

その身動き取れない程の雑踏や喧騒、人々の熱気の中に身を沈めてしまい、アドレナリンを放出しっぱなしとなり、時が経つのも忘れ陶酔してしまった。

   
Dsc_9080
ぼお~ッと突っ立っているとすぐ邪魔になる  市場ならでは

  
Dsc_8663
「おはようさ~ん」  なんて言ってるのかな

     

リゾート感覚なんていつの間にか吹き飛んでしまっている。

つくづくセレブ感覚に縁のない私だった…。

   
Dsc_8600

Dsc_8795
ダラットは花の街とも呼ばれるだけあって、生花がイッパイ

   

Dsc_8791
毛糸の帽子と編み笠の組み合わせもアリなんだ?  
ここは年間を通して18~23℃と涼しいもんね

      
     
Dsc_8752
一見地味だけど、どのフルーツも格別に美味しかったよ!

      
Dsc_8337
ほぼ一年中イチゴがあるというから スゴイ

      
Dsc_8594
   

   
それにしてもスゴイ活気。不思議な霊気に満ちている。

   
Dsc_8502

  
Dsc_2371
「おはよう~っ」と声をかけたら、微笑み返してくれた少女

    
Dsc_8169
    

   
青果物でこれだけ賑やかな市場は他に見たことがない。

   
Dsc_9044

   
Dsc_9077
     

しかも、製品として完成されている感のある高原野菜が特に目を引く

    
Dsc_2282

  
Dsc_8250

     
Dsc_8540

    

おそらくフランス人たちが避暑地で美味しいものを食べるために、
食材の開発生産に力を入れたのだろう。

    
Dsc_8521
たくさん仕入れたねぇ~

   
Dsc_9193
淡水魚やエビ・カニ・ナマズも種類が豊富

  
Dsc_9554
こんなに内陸なのに海水魚が豊富で新鮮!!
ベトナムの商流・物流は侮れないかも・・・

  
Dsc_9375
こっちも撮っておくれよお~ッ」と市場のおばさんは明るい明るい

    
Dsc_8808
おばさんから頂いたバナナ マジうまかったっス!

    
Dsc_9649
「おじさん ダイジョーブ? 首まわらないでショ?」

    
Dsc_9304
鳥インフルあるけど、アジアはヤッパリこの売り方だ

      
Dsc_9435
様々な香辛料や調味料に全身埋もれる・・・

    

ダラット滞在中、二日目の早朝も市場探索に身をゆだね、すっかりリフレッシュしていた。

    
Dsc_1810
ダラット土産は乾燥フルーツとイチゴジャムだと教えてくれた

   
Dsc_9638
このオバちゃんが売ってくれたランブータン(赤い果物)は
今まで各地で食べた中で一番美味しかった。ずっと忘れられないだろう味と甘い香り

   
Dsc_9661
ダラットのフランスパンはホーチミンよりさらに美味しかった気がする

     

広いリゾートホテルの部屋は結局、荷物置き場になってしまったけど、僕にとってもダラットはやっぱり「天上の楽園」だった(!?)
                                  (次回に続く)

    

Dsc_9669

   
Dsc_9060

    
Dsc_8383

     

        

 

« 天上の楽園(その1) | トップページ | 天上の楽園(その3) »

コメント

いやあ、ベトナムの活気が写真にあふれてますねえ。少なくとも市場を見ている限りでは僕が10年近く前に見たベトナムと変わりませんね。マーケットの文化みたいなものがベトナムには息づいているという感じですね。すばらしい。

ラツさん 嬉しいコメントありがとうございます。「変わるベトナム 変わらぬベトナム」ありますね。市場イコール農水産物が元気の源。日本も負けていませんよォ。10年前と変わらないこの光景が、10年後も変わらないことを祈って。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/17378716

この記事へのトラックバック一覧です: 天上の楽園(その2):

« 天上の楽園(その1) | トップページ | 天上の楽園(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば