2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ベトナムスピード(その1) | トップページ | ベトナムスピード(その3) »

2007.12.05

ベトナムスピード(その2)

         
(前回から続く)         

ホーチミン市の中心街はもとより、
郊外に出るとさらに変化の動きが明らかになる。

     

いたるところで造成工事が行なわれていて、
オフィスビルや高級マンション、戸建て住宅が次々と建設中だ。

    
Dsc_2777
    
Dsc_2793
     
Dsc_2791

     

同時に道路が新たに敷設されていたり
社会インフラの整備もすすんでいるようだ。

    
Dsc_7509

    

国道沿いには、建設機械の販売かリースだろうか、ディーラーがあちこちにあり、建機需要が旺盛なことを知る。

   
Dsc_7551
    
Dsc_7603

     
    

去年、証券会社を訪れた時は、
朝から株価のボードに釘付けの人たちでごった返している情景を目の当たりにして驚いた。

   
Dsc_6185
朝9時の証券会社のボード前はベトナム個人投資家でイッパイ
     
Dsc01523

    

今度は不動産も動き出している。
    
Dsc_4271
      

中国と同様、所有権と使用権が分離しているが、
海外からの投資、製造業の進出が一巡しないうちから過熱するのだろうか?

    
Dsc_7687
建材を満載したトラックを頻繁に見かける

      
Dsc_7464
都市周辺部は大型貨物車などで慢性的な渋滞だ

      
    

中国以上にショートカットすることが起こりうるのかどうか、今後の動きから目が離せない。

      

« ベトナムスピード(その1) | トップページ | ベトナムスピード(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/17279230

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムスピード(その2):

« ベトナムスピード(その1) | トップページ | ベトナムスピード(その3) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば