2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ブロックでも動き出す | トップページ | 蒸しの力はスゴイ!(その2) »

2007.11.11

蒸しの力はスゴイ!(その1)

              
大分県別府市に入るとすぐに目に付くのが、街のあちこちから吹き上げる白い湯気。

    
Dsc_8682
街を一望する

      

  「ああ、また湯の里にやって来た!」
  
 と心から実感する瞬間だ。

       

日本一の源泉湧出量を誇る別府八湯のひとつ「鉄輪(かんなわ)温泉」は、特に泉源が集中する、文字通りホットポイントだ。

    
Dsc_8529

    

街のあちこちに泉源があり、シューッという音と共に、真っ白な蒸気が勢い良く噴出している。

     
Dsc_8631

      
昼間でも浴衣がけで外を出歩く人の姿が似合う街で、
細い坂道、石垣、屋根瓦が古くからの賑わいの風情を醸し出している。

     
Dsc_8142
      
Dsc_8640
あちこちの路地の下からも蒸気が噴出している

      

子供の頃からの憧れの観光地でもあった「地獄めぐり」もこの一帯に展開している。

    

それでも一時、海外旅行やトレンディー温泉に客足を奪われ寂しい時期が続いたが、最近は地元の人たちの努力が実を結び、賑やかさが戻ってきている。

      
Dsc_8899
浴衣がけの若い女性だって街を闊歩する

Dsc_8931

         

特に、韓国人を中心とする外国人も急増し、案内してくださった方の話では、今年すでに21万人を突破したと言うことだ。

    
Dsc_8967_2
今日もヤッパリ韓国人団体観光客に出くわした
     

      
外国人観光ガイドも常駐しているそうで、温泉地も外人にとっては「COOL」なのだろう。

   
Dsc_8503
いるいる・・・

      

とにかく路地を歩くとすぐに泉源にぶつかる。
      

Dsc_8628
    
Dsc_8063

    
       
この鉄輪温泉のもうひとつの顔は、
湯治場としても有名で、何軒もの専門旅館が軒を並べている。

     

ちょうど出会ったこのお年寄りは、なんと富山県からの湯治客で、もう10日間も滞在しているのだと言う。

      
Dsc_8265_2
        

とにかくこんな素晴らしい体験はない、と手放しの喜びようで、心の底からリラックスしている様子が伝わってくる。
          
        

この辺の路上には、あちこちにかまどが設置されており、蒸気が噴出している。

     
Dsc_8172

     

これはいったい何だろう?と、不思議に思っていたら、
その答えは、とても美味しい宝物に変身して僕の目の前に現れたのだった。
(次回に続く)

      
Dsc_8680

          

« ブロックでも動き出す | トップページ | 蒸しの力はスゴイ!(その2) »

コメント

温泉地に行くと「ああ、日本人でよかった」と思うものが何かありますよね。鉄輪温泉、僕も一度行ってみたいです。

ラツさん 僕も同感! 本当に日本人で良かった、と思います。でも、外国人もこの素晴らしさを知って、別府に惚れこんでいる人が大勢いるそうです。時代はまさにグローカル(グローバル+ローカル)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/17037930

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸しの力はスゴイ!(その1):

« ブロックでも動き出す | トップページ | 蒸しの力はスゴイ!(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば