2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« たかが家庭菜園、されど・・・ | トップページ | 豊穣と放生と(その2) »

2007.09.16

豊穣と放生と(その1)

   
の彼岸を前にして、いつもこの時期に放生会(ほうじょうや)というお祭りが開かれる。

        
Dsc_2692

    
     
なんと1000年以上も続いているそうで、昔から「ナシもカキも放生会」と言われることくらいは、私も子供の頃から知っていた馴染み深い秋の収穫祭である。

   
   
Dsc_2875
放生会には縁起物の新ショウガが必ずお目見えする
        
  
Dsc_2546 Dsc_2895

        
    
私にとっては昔懐かしい祭りではあったが、ここ10年ほど農産物マーケティングや地域資源を活用した商品開発の仕事にも携わってから、露店の並ぶ参道を歩いても、妙に視点が変わっていることに気づき、我ながらあきれてしまう。

      
Dsc_2600
延々と続く社前の参道

       

最近は、ご当地ブランドの商品も目立つし、流行便乗商品もある。

   
Dsc_2845
   
Dsc_2782
こんなところで茨城名物を見つけ、つい足を止める

Dsc_2915
地名を冠する商品が多くなった

      
        
祭りの露店は、どれも屋号を付けず商品名でストレート勝負だから分かりやすい。

      
Dsc_2843
ローカル化とグローバル化と・・・
    
Dsc_2867

         
     
   

延々と続く参道を歩くだけで、面白いアイデアがいくつも見つかる。

      
   
Dsc_2824
宮崎と佐賀と熊本がチャンポン!?

    
Dsc_2755
この外人家族が興味を示したものは、意外なものばかり・・・
とても参考になった。
    
        

Dsc_2781
   
Dsc_2603 Dsc_2609

この日は35℃を越す猛暑。地球は絶対におかしくなっている!!!

    

       
もともと放生会は、生けるものの命を慈しみ、五穀豊穣を祝い、秋の収穫に感謝する祭りだ。

    

恵みを与える山の神、海の神を敬い、農業・漁業の営みの永続を祈願し、地域や国の平和・安泰を願うという思想が込められた神事であり、庶民の年一回の楽しみの場でもある。

    
Dsc_2666_4 
日本人はもともと心が大きな民族なのだ

       

農業・漁業あっての日本文化の原点であり、全国の多くの祭りにも共通する私たちの財産でもある。

     

気象や自然現象に左右されやすい農水産業の永遠の安定・発展に対する願いは、これから迎える未来社会でも同じはず

     
    
Dsc_2403
多くの著名人の揮毫に触れることが出来る

  
Dsc_2404
ホークスの王監督は、まだ夢を追っている・・・
      

     
子供たちにもこの素晴らしい文化を伝えるためにも、地域の持つあらゆる農水産資源・産地技術を再認識して、世界に誇れる宝物としてポジティブに活用するべきである。

    
Dsc_3012
子供たちに日本の良さを伝えたい・・・

    

心から農業に感謝!!

    
Dsc_2702
収穫の秋

   
       

祭りの最終日、「放生」という名のとおり、池に鯉を、社前で鳩を放つそうである。

    
   
ういえば、この前、カンボジアの首都プノンペンの河畔で目撃した放生の光景をふと思い出したのだった。   (次回に続く)

    
      
   
Dsc_2455
季節を先取りする日本人の美意識はスゴイ

  
     
Dsc_2999
雲もすっかり秋支度・・・

     
            

« たかが家庭菜園、されど・・・ | トップページ | 豊穣と放生と(その2) »

コメント

放生会ってあまりにも身近すぎてもう何十年も足を運んでいません。貴殿のように違った視点で眺めると面白いですね。いろいろと新しい庶民のアイデアが感じられて行ってみたくなりました。

ラツさんコメントありがとうございます。ホント、僕らにとってあまりに身近すぎて意識しませんよね。「のぼせる」祭りと「楽しい」の祭りがあるようです。ラツさんは学生時代、デートコースとして沢山思い出があるのでは?僕なんか、野郎ばかりで足を運び、甘くもなく酸っぱくもない、童心だけを呼び戻す懐かしいものでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊穣と放生と(その1):

« たかが家庭菜園、されど・・・ | トップページ | 豊穣と放生と(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば