2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 面会お礼 | トップページ | 豊穣と放生と(その1) »

2007.09.09

たかが家庭菜園、されど・・・

     

には、何か予感めいたものがあった・・・。

         
10年前、私がまだ中国ビジネスのコーディネーターとして活動していた頃、自宅の小さな庭は名前も知らない観賞用の庭木ばかりであった。

         

ところが、その後、庭師さんの制止を振り切って次々と庭木を切り倒し、その代わりに果樹を植えたり、畑にしていったのだった。

    
Kabosu2
我が家の自慢は果汁タップリのカボス
   
         

その後だ。私が日本の農業関係の支援事業に参画したのは。

           
    
今、庭には、梅、柿、柑橘類、タケノコ、ザクロ、イチジク、ブルーベリーなどの樹木が、畑には一年を通して夏野菜や万能ネギ、小松菜、大根、人参、玉葱、カツオ菜など様々な野菜を植えている。

   
Lemon2_2 Lemon_2
植えて4年目になるレモンが今年はたわわに実をつけた

      

今の季節、ちょうど夏野菜の収穫が終わった。

    
Lajiao 
唐辛子のことを九州では「こしょう」と呼ぶこともある   

   

トマト、ナス、きゅうり、苦瓜、バジルやルッコラなどのハーブ類、大葉、豆類などだ。

      
Bajiru
バジルももう終わり

   

ところが、まだ残暑も癒えないうちに、もう秋冬用のために畑を耕さなければならない。
       

Kuwa

     
これが辛い。 

     
年2回の重労働。10分も続けていると運動不足の体が悲鳴をあげてくる。

    
Kuwa3

        
明日から3日間ぐらいは筋肉痛で顔をゆがめるだろう・・・。
     
   

これに加えてもっと過酷なのが夏場の草取り灼熱地獄そのものだ。

    
Kusa

    
Nira
草取りしないニラ畑のコーナーはこのとおり
       

もっとも草取りや手入れするのは、年老いた両親だから私は偉そうなことは言えないけれど。

     
Toti
とにかく頑張って頑張ってこのような畑を数ヶ所作る

      

ところが、散々手をかけて育てた後、いよいよ収穫となると、カラスや野鳥がヒラリと飛んできて、熟した美味しいものから、さらっていかれる。
     
もうため息も出ない。

  
Itijiku2 Itijiku
大好物のイチジクは今年は豊作。だが、カラスとイタチゴッコだった

   
     

加えて最近は、無責任な餌付けをされた複数の野良猫が畑を荒らし、「何が動物愛護だッ!!」と、この程度ですら憤りを隠せない。

       

自家菜園だから無農薬は当たり前だけど、とてもまともな形にならず、近所におすそ分けすら出来ない有様だ。とにかく生産・栽培とはとても奥が深いことだけは体感して解る。
    
     
Siso2 Siso
この夏、重宝したシソの葉だが、このとおり・・・

       
    
日照りが続けば大量の水道水を撒き、毎年新しく高価な有機肥料などを試す一方で、素人で知識も情報もないから、結局収量などたかが知れている。

     

いったい、一本いくらのきゅうりになるんだろう!?
      

もし、労賃をまともにコストに入れたら????
   

痛めた腰をさすりながら、「これで生産者の苦労がわかる」なんて言ってたら農家の方からヒンシュクを買ってしまうだろう。

    

ましてや、かつて現地でトラウマになるほどの衝撃を受けた中国、東南アジアの農民の厳しい現実を思うと、なんとまあヤワな悩みだろうか。

    

これまで延べ何千人という生産者の人たちと日本の国際化とこれからの農業について議論してきた。

    
    

「私も少しは農業の厳しさを分かっているつもり…」
     

この感覚が一番危ないことを肝に銘じておかなければ。

     

Onion

       

          

« 面会お礼 | トップページ | 豊穣と放生と(その1) »

コメント

我が家でもニラの花満開です。

小梅さんお久しぶりです!コメントありがとうございます。我が家も、花が咲く前に食べてあげなければならないニラも観賞用になってます。広東料理では柔らかなニラの花の和え物は美味しいですけどね。こうまで高温が続くと、管理が大変ですよね。実際、多くの農産物や生花が高温障害で出荷が激減しているものもあるみたいです。でも、土に親しみ、季節を感じることが出来るのも菜園をしているからこそですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/16396126

この記事へのトラックバック一覧です: たかが家庭菜園、されど・・・:

« 面会お礼 | トップページ | 豊穣と放生と(その1) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば