2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 七夕の習慣 | トップページ | インドシナへの冒険行 »

2007.07.17

維新回天の地で

   
山口市を訪ねた。

   
県主催の経済セミナーに参加するためである。
   

Dsc07019
会場となった山口・湯田温泉の翠山荘

   

         
食品・水産物の海外輸出がテーマということで
50名の予定が大幅に上回る60余名の参加者を集め、熱心に話を聞いていただいた。

    

Dsc07027

   

東京からジェトロ農水産調査課から専門官の方も参加して
最新の輸出事情について紹介を受けた。

   

やはりジェトロは多角的なデータを持っている。大変参考になった。
これらの情報を利用しない手はない。

   

もちろん得た情報をどう生かすかは我々の主体的な意識と判断によるけれど。

   

    
山口県は、水産物の集積・加工の拠点であり、
昔から朝鮮半島や大陸の窓口でもある下関を擁し、
魚肉練り製品メーカーや醤油、味噌、日本酒蔵元、和菓子など伝統的な産物も多い土地だ。

   
Dsc_0630
豊かな山口の物産

   

       
私が興味ある幕末維新の歴史では言うまでもなく表舞台となったところでもあり、山口出身宰相の8人目となる安倍総理も日本食品の海外輸出には極めて意欲的だ。

    
Dsc_0092
地元でも人気!!

    

    

今、静かではあるが、わが国が閉塞感から脱却しようとしている大きな転換点を迎えているとすれば、維新回天のDNAを持った山口の若い人たちが行動を起こすことを願っている。

     
     
  
Dsc_0271
伊藤博文や井上馨ら長州ファイブ(五傑)のレリーフ

      
     
梅雨空のもと、清流・椹野川(ふしのがわ)の優美な流れは今日も変わらず街の風景を潤していた。

   

Dsc_0399
西の京と呼ばれる山口  ― 椹野川と姫山(右)

       
Dsc_0217

         

       
Dsc_0142
新山口駅で中原中也を思わせる後姿の青年に思わず・・・

       
Dsc06995
学生時代に傾倒した詩人中原中也の記念館

     

Dsc_0117_1
心動かされた女流詩人―金子みすずも山口県長門の出身だ

      

« 七夕の習慣 | トップページ | インドシナへの冒険行 »

コメント

山口、湯田温泉、いいところですよね。

そういえば先日の新聞に湯田温泉のどこかの旅館でミニカーのレーシング場を設営して大人も子供も楽しめるようにしているとの記事を目にしました。新しい試み、うまくいくといいですね。

すみません、全然関係ない話で・・・

ラツさん コメントありがとうございます。 私も久しぶりに湯田温泉を訪ねましたが、以前のいい雰囲気はそのままに、それぞれの旅館はすっかり綺麗に変わっていました。でももちろん湯に浸かることもなくこの日も退散。いつもながら残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/15784537

この記事へのトラックバック一覧です: 維新回天の地で:

« 七夕の習慣 | トップページ | インドシナへの冒険行 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば