2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 北海道のアジアパワーに脱帽(2) | トップページ | 3度目の節目 »

2007.03.22

北海道のアジアパワーに脱帽(3)

   

朝、朝の散歩とばかりに、
やはり札幌ビギナー定番の二条市場に足を運んだ。

         

Dsc_5190

            

北海道の豪快な物産、山海の珍味が所狭しと並んでいる。

       

Dsc_4923 北海道と言えば、やはりカニ・・・

         
Dsc_4974 見たこともない北海の物産も

         
Dsc_5091
野菜だって・・・

        

     
  「見てばっかりいないで、買っていきなよお~ッ。」

     

Dsc_4956

     

店の人も呼び込みに余念がない。

    

Dsc_5156

       
      

小遣いの少ない僕にはどれも高嶺の花

     
     

  「見るだけでお腹一杯だよッ」
      
  
と軽口をたたいて、スゴスゴと通り過ぎる。

     

Dsc_5138
茹で立てのカニの匂いが鼻をくすぐる

      

     
そのうち、またもや中国人ツアー客らしき御一行様がゾロゾロとやって来たではないか・・・

      

Dsc_5011

Dsc_4896 ワイワイガヤガヤ、品定めに余念が無い

      

標準的な北京語を話しているから、
きっと中国大陸の北方の人たちだな・・と推測。

    

乾物、珍味などを買う買う。

     
Dsc_5115

     

必ず試食して納得してから、値段交渉もしっかりして買っている。

  
さすが中国人。

      

Dsc_5119

     

中国人グループが一陣の風のように去った後、
お店の人にいろいろ訊いてみた。

    

「日本人よりも沢山買う人も大勢いるよ」

      

「でも台湾の人なんかは、数年前に比べると余り買わなくなったねえ。何度も来ているからなのか、それとも昔は金持ちだけだったのが、今は普通の人たちも来るようになったからかも知れないね。
以前は台湾人や香港人は一杯買ってくれたんだけどねえ。」

      

「最近はねえ、
添乗員がリベートをくれる店にしか連れて行かなくなったから、うちにはあまり寄らなくなったのよ。仕方ないねぇ。」

   

いろいろ事情がありそうだ。

     

    

市場のはずれに観光バスが止めてあった。

   

Dsc_5022

     

表札をよく見てみると、
  
「天津支店代理店様ご一行」。

   

Dsc_5032

    

これはインセンティブツアーではないだろうか?

   

    

そう、企業の社員や代理店のモチベーション(士気)を挙げるための報奨旅行のことで、最近、九州でも中国からのインセンティブツアーが増加している。

    

中国で保険やサービス、製品の販売・営業部門でよく採用されている手法で、結構効果を挙げている。

    
一定期間、会社に貢献した人は、日本への研修旅行のご褒美が付く、と言う訳だ。

     
    

そのうち、たくさんの袋を抱えた、さきほどの中国の人たちが白い息を吐きながら、ドカドカとバスに乗り込んでいった。
            
皆、買い物をして満足そうな表情をしている。

    

これは、日本人も中国人も変わらない・・・。

      

Dsc_7376
朝の仕入れ風景

   
Dsc_4984
ストーブで瓶牛乳を沸かしている・・・

   

Dsc_4875

     

     

« 北海道のアジアパワーに脱帽(2) | トップページ | 3度目の節目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/14346184

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道のアジアパワーに脱帽(3):

« 北海道のアジアパワーに脱帽(2) | トップページ | 3度目の節目 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば