2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 美味しいお茶の淹れ方知ってます? | トップページ | 昨年の農産物輸出実績 »

2007.02.17

正月の大フィーバー(その1)

         

中華圏では、新暦の1月1日ではなく
伝統的に旧暦正月を祝う習慣がある。

   

今年は2月18日が旧暦の元旦に当たる。

         

Dsc_0676
上海の目抜き通りで

     

出身地を遠くはなれ都会に仕事に出たり、
移民や仕事・留学のために世界中に散っている家族たちも
この季節は生まれ故郷に集合するのだ。

     

Dsc_7445
香港の花屋で

        

旧正月(春節とも呼ぶ)の一週間前となると、中国・香港・台湾などどの都市も歳末の買い出しで街中ごった返していた。

   

Dsc_6284
台北の市場で

      

感覚としては、普段の週末の混雑のそのまた2倍という感じだろうか。

     

Dsc_3614
台北の店先で

   

Dsc_4153
めでたい言葉を掲げる  台北

      

一気に街のいたることころに正月の飾りつけが施され、
中華圏ではおめでたい色である朱赤色の装飾でイッパイになる。
      

Dsc_6124
ホテルでもこのとおり  台北で

    

Dsc_7306
香港でも

   

Dsc_4392_1 
下着ショップもこの時だけは赤一色・・・  上海で

   

商店ではギフト用の商品が高く積み上げられ、
増員された店員やアルバイトが声を枯らして売り込んでいる。

    

Dsc_6551
台湾の正月用品(年貨)市場で

   
Dsc_8537

香港の百貨店でも売り場が一変する

      

豪華に見えないギフトは売れないから
パッケージの色も派手になる

   

Dsc_5791
日本とは明らかに色使いが違う   台湾にて
          

        
もちろん中身も重要だから、日本製の食品や飲料、酒類、健康食品も健闘しているようだ。

    

Dsc_5782_1
台湾中部の高級店にて

     

この時期に大いに高額商品が売れるのだ。

   

また、飾り物や食べ物などの正月用品を中国では「年貨」と呼び、庶民はこの時とばかりに抱えきれないほど買い込む。

   

Dsc_5775
台湾ではあちこちで「年貨大街」が設けられる

     

Dsc_5982
正月飾りの屋台が沢山でる  台北

   

Dsc_4796
おつまみ、キャンデー、ナッツ類も食品の年貨

  

Dsc_6467
鮮やかな色が眩しい台湾の正月飾り

  

Dsc_6438
カゴ一杯に買い込む  台北

  

Dsc_7328
ポチ袋だって年貨   上海で

    

待ちに待った年一度のイベントだけに家族みな賑やかで楽しげでもあるが、日本と同様、慌しくて大変だ。

  

Dsc_4832
コンビニでも  上海

   

師走”に類するような言葉はないのだろうか?

    

Dsc_6258
香港の花屋で

     

Dsc_9875
上海のホテルの装飾

     

    

« 美味しいお茶の淹れ方知ってます? | トップページ | 昨年の農産物輸出実績 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/13937299

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の大フィーバー(その1):

« 美味しいお茶の淹れ方知ってます? | トップページ | 昨年の農産物輸出実績 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば