2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« フレーッフレーッ宮崎! | トップページ | 一転、寒波襲来の上海で »

2007.01.31

甘あ~い香りのイチゴ畑で

      

福岡のイチゴと言えば、「あまおう」というブランドが全国的にも浸透してきている。

   

福岡県産イチゴの主力産地のひとつである八女市を訪ねた。

  

折りしも偶然立ち寄った観光農園にお邪魔した。

    

070131house

     

ちょうど園の担当者の方が、忙しい作業の合間を縫って、何棟ものハウスを案内して頂いた。
    

ここでは、いろいろな種類のイチゴ狩りが楽しめるという趣向だ。

  

070131kanban

    

    

「観てください。あまおうだけ真っ白でしょう? 熟れたものが全く無いんですよッ。」

    

070131amaou1

  

見てみると、確かにあまおうだけ実が赤いものが無い。

  

070131amaou2

   

先週の週末、イチゴ狩りを楽しむ観光客でごった返したそうだが、やはりあまおうの人気は抜群で、みんなあまおうばかりを摘んだもんだから、熟したものが無くなってしまったんだそうだ。

  

あまおうのブランド力は本当にスゴイ。

  

消費者は、価値が高いということを知っていて、集中攻撃を仕掛けたみたいだ。

    

070131kanban1

    

もちろん他の品種も、ほとんど完熟待ちの状態だったが、改めてそれぞれの品種特性について知ることが出来た。

     

070131sachi

    

さちのかは、特に実付きが良い品種だそうで、ご覧の通り鈴なりだ。

     

070131sachi1

      

   

今日頂いたイチゴの中では、さがほのかが美味しかった。

   

070131honoka 070131honoka1
     

この品種は、もう少し暖かくなるとさらに甘みが載ってくるのだそうだ。

    

季節によって美味しい時期が違うそうだから、チョッとした知識があるとお買い得かもしれない。

   

     

とよのかは、かつての福岡イチゴの主力品種だったのだ。

    

070131toyo

    

今はあまおうに主役の座を取って代わられているが、
その甘い香りは健在で、新品種の掛け合わせに必ず使われるらしい。

      
     

紅ほっぺは静岡で開発された品種だそうだが、名前がなんともかわいらしい。

   

070131beni 070131beni1

     

それぞれの品種に食味の特徴があり、また栽培上の違いもあるらしい。
収益力にも差があるので、生産者もその見極めが重要なのだそうだ。

    

070131sandan
なんと三段の高設栽培

    

今は、高設栽培が普及しており、露地栽培に比べ、効率が上がるだけでなく、作業が格段に楽になったそうだ。

     

070131si

    

突然の乱入にもかかわらず、熱心に教えてくださった中山さん、本当にありがとうございました。

      

     

070131tank
貯水槽だろうか? 子供客が喜ぶだろうなあ

      
     

年を越してからも、香港や台湾、シンガポールを中心にアジア各地から、あまおうの注文が相次いで、嬉しい悲鳴が続いている。

   
一説によると、
2005年の日本のイチゴ全輸出量の約8割が福岡産で、昨年2006年も約7割を福岡産が占めたと言われている。
     

これも、生産者、JA、福岡県の数年の努力の結果である。

    

でも、まだまだ海外販路開拓の事業は始まったばかり。

  

来月からは、いよいよアメリカに向けてあまおうの試験輸出も始まる。

    
    
イチゴの大産地アメリカ市場でアジア代表のひとつであるあまおうが果たしてどこまで通用するか?

  

関係者の努力と信念にかかっている。

   

松坂大輔と並んで、頑張れあまおう!!

    

070131amaouhana
あまおうの花

     

     

« フレーッフレーッ宮崎! | トップページ | 一転、寒波襲来の上海で »

コメント

あまおうのブランド力ってすごいんですね。
それに福岡のJAの努力もすごい。

これからの発展が楽しみですね。

luckymentaiさんコメントありがとうございます。まだまだ絶対数量が小さいので、これからの努力こそが大切なのですが、各地で生産者の皆さんと交流すると、少しずつ海外市場にも関心を寄せ始めていただいていることを実感しています。日本人に必要なのは自信ですよね。

はじめまして。関東から福岡に越してきて1年半ですが、新発見が多いので、いつも楽しくブログを拝見しています。いちごの輸出とはビックリしました。実は競争力のある農産物が九州には多いようですね。これからもたくさん紹介してください。楽しみにしています。

いよいよアメリカ進出ですか!!?
それにしてもラクダさんの写真上手にはいつも感心しています。
ラクダさんって、足が長ーーい人なんですね^^*

タダシさん、コメントありがとうございます。私も仕事で関東と九州を行ったりきたりしていますから、多くの事で違うこと、面白い発見をします。これからもよろしくお願いします!

サランさん、コメントありがとうございます。私はこれまで写真が上手だなどと言われたことはありませんよ。たくさん撮る人だとはよく言われますが・・・。足の長い写真は、北京の万里の長城で撮った写真です。朝日が低い位置にあったもんですから、運よく足長に撮れました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/13725535

この記事へのトラックバック一覧です: 甘あ~い香りのイチゴ畑で:

» イチゴの選び方、食べ方の知恵袋 [知恵袋@生活の裏技! ( 小遣い稼ぎ、節約、掃除、便利情報 )]
イチゴの美味しい食べ方の知恵袋です。もしイチゴを二口以上で食べる場合はヘタの方から食べたほうがよりおいしく食べられます。理由はヘタのほうがすっぱいのですっぱいほうから甘いほうに向かって食べたほうがより甘く感じるからです。最初に下の方から食べると甘いと...... [続きを読む]

« フレーッフレーッ宮崎! | トップページ | 一転、寒波襲来の上海で »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば