2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヘルシー料理の本命はどこ? | トップページ | 日本から一番近いヨーロッパへ(その2) »

2006.10.22

日本から一番近いヨーロッパへ行く(その1)

  
物流ビジネスの視察を目的に
ロシアのウラジオストクに出張した。

初めてのロシア訪問である。

Port_2 Ms_1

  

ロシアと言っても、世界一の面積を持ち、
いわゆる極東沿海地区のウラジオストクなら
実は、九州からでもわずか1時間50分で着いてしまう距離なのだ。

  

これなら東京へ行くのとほとんど変わらない。

  

もうひとつ、今年3月、新北九州空港が開港し、
8月と9月の時限つきでウラジオストク間の定期便が就航
西日本のビジネスマンにとってはグッと身近な存在になったのである。

Apt_2

  

JR小倉駅から新北九州空港までバスで約40分間、
海上に浮かぶ新空港がお目見えだ。

コンパクトで機能的な感じだ。

Apt2_2

  

ウラジオストク航空カウンターで手続きをする。

Counter_2

  

乗客は少ないだろうと思っていたら、年配の団体観光客らしい人たちで機内はほぼ満席

Kinai_2

  

機材はツポレフ154Mだそうな。昔の中国やベトナムで乗ったことがあり、少々不安。

  

Plane_2

  

約30分遅れで離陸。急上昇してすぐに急旋回するという何ともいえないスリル。

エンジン音はうるさいが、上空に達すると結構安心して乗れた

   

機内食にピロシキが付いていたのもロシアらしい。
   

Piro_2

Stw_1

   

ウラジオストックの地名は、
ヴラジェイ(征服・支配) ・ヴォストーカム(東方)ということで
かつての皇帝が言った「東方を征服せよ!」に由来するという。
(総領事館HPより)

  

さてさて、これからどんな東方の姿が私たちを待っているのだろうか?

(続く)

    

« ヘルシー料理の本命はどこ? | トップページ | 日本から一番近いヨーロッパへ(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/12375275

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から一番近いヨーロッパへ行く(その1):

« ヘルシー料理の本命はどこ? | トップページ | 日本から一番近いヨーロッパへ(その2) »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば