2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 緊急事態に翻弄される対外貿易 | トップページ | ヘルシー料理の本命はどこ? »

2006.10.14

異国でも感じるインドの熱気

 
初めてシンガポールに行ったのが1983年だから
かれこれもう23年も前の話になる。

その頃すでに、クリーンシティーとして安全・清潔な街として
多くの観光客やビジネスマンたちを集めていた。

  

多民族のこの街は、
中国人、マレー人、インド人、アラブ人などが各々のコミュニティーを形成していて、何処を歩いても異国情緒を味わえる。

061007street 

  

この国では当然チャイナタウンが最も大きく、必ず立ち寄るところだが、もともと華人(中国系人)の国家だから、本来、
国全体がチャイナタウンのようなものなので、
私はここ数年、シンガポールに立ち寄る度に、隙間時間があれば
リトルインディアを訪ねるのが、ちょっとしたマイブームになっている。

061007mtr
地下鉄リトルインディア駅
  

BRIC’sなどといって、確かにインド経済の活況が伝えらているが、
ここへ来るたびにいつも新しい発見や出会いがあるから、
やはり本国の元気のよさと無関係ではないのだろう。

  

とにかく、何処に目を向けても絵になる街なのだ。

061007flower_1

061007hindi
   

市場に行けば、いつも活気に溢れている。

  

061007vegi

061007market2

061007vegi2
「袋入りの吊るし売り」とは、インド人の合理性ゆえか?

  

061007bananaleaf
バナナの葉も立派な商品

 
061007piment

061007madam
  

通りに出れば、繊維製品を中心に雑貨や家具、絨毯なども売っている。

  

061007strt_1

   

061007book
雑誌の屋台に釘付け!?

     

商売上手という意味では中国人とは好敵手だし日本人には足元にも及ばない分野だ。

   

061007syoku
食べるパワーも中国人に負けてない

   

旨いモノでは最近いつも通っているのが、フィッシュヘッドカレーで有名な「MUTHU’s CURRY」。

061007curry

5年前、現地の人に案内されて初めて来たのだが、それ以来、病み付きになっている。

  

ひとりの店員嬢が僕のことを憶えておいてくれていたのには結構感激。

061007tenin_1

インド人はホスピタリティーがあるからか、あるいは商売上手なのか?

   

通りや食事だけなく、街行く人たちがとにかく個性的で華やかだ。

   

061007keitai
携帯電話とインドの人って、なんかイメージが新鮮だ

   
061007mr 

         

061007biyou
コスメ、タトゥー、整形など美容関連のビジネスが盛んのようだ

    

いつか彼らインド人に「ニッポンを売る」時がやってくるのだろうか?

なんだか今から楽しみだ。

  

061007oyako

061007miss
壁画か塑像と同じ顔だちをした人を見つけてドキッとした

  

インドに行かなくてもインド人コミュニティーにどっぷり浸れるのも、シンガポールの魅力のひとつでもある。

    

061007temple

    

« 緊急事態に翻弄される対外貿易 | トップページ | ヘルシー料理の本命はどこ? »

コメント

なんだかインドに行った気になりそうですね。リトルインディアは一度車で通ったことがあります。車窓だけでは味わえませんね。
やはり自分の足でゆっくり回らないとだめですね。機会があったら是非行ってみたいです

小梅さん コメントありがとうございます。

ここは、1時間歩くとその分、何かが見えてくる町だと思います。

私も学生時代からの夢であるインド本国にぜひ足を運んでみたいと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/12275006

この記事へのトラックバック一覧です: 異国でも感じるインドの熱気:

« 緊急事態に翻弄される対外貿易 | トップページ | ヘルシー料理の本命はどこ? »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば