2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 九州が動き出す | トップページ | 福岡地震と反日デモと「ニッポンを売る!」 »

2005.04.16

反日の上海を行く

今日午前、北京・広州に続いて、
上海でも反日デモが発生し、
一部投石騒ぎや破壊行為が行なわれたことが、
日本では終日報道された。

050416demo
(時事通信社)

WTO加盟以来、
SARSを除けば、経済関連のニュースが多かった中国だが
思い出したかのように、
反日感情の悪化とその行動が
日本中に衝撃を与えている。

いま中国・韓国で起きている一連の出来事は、
多くの日本人に激しいショック、
あるいはこれらの国々に対する嫌悪感を与えたことは間違いない。

デモ活動の背景については、
いろいろ観測されているが、
いずれにしても、
中国当局側により、世界中にこの感情を知らしめることが
ある種の目的であったことだけは間違いない。

050416shanghai3
(朝の上海の街角で)

「ニッポンを売る!」という視点から見れば、
この反日、日本商品ボイコット(排斥)、歴史認識問題などは、
マーケットとしてのアジア、消費者としてのアジア人をとらえる上で
どうしても避けられないテーマである。
中国、韓国だけでなく、台湾、香港、東南アジアにおいても。

対日感情については、
今後長期間は、いかなる条件・方法をもってしても
根本的な解決はありえないと考える方が自然であり、
それを前提としたアプローチを目指すべき
だろう。

ただ、ハッキリとしておかなければならないことは、
この種の事態は、
これからも起きる可能性があり続けると同時に、
もう日本商品が売れなくなるとか、
日本人が現地でビジネス出来なくなるという事は
まったくない
と言うことである。

中国と30年近くも付き合っていると、
この辺の感覚がなんとなく分かってくる。

昨年来、講演の機会があるたびに訴えているのだが、
中国特需だからといって、北京オリンピック、上海万博までは
ビジネス天国だとばかりに舞い上がり、
反日デモや人権問題、汚職や格差といっては
嫌悪感や差別意識が支配する。
どちらに振れても、日本人は中国に対して熱くなりすぎて極端なのである。

おそらく日本のような安定した平均社会を前提として
中国に過大な期待を寄せているからなのではないだろうか?

とにかくビジネスマンたるもの、
冷静にチャンスを窺(うかが)おうではないか。

今週11日から13日まで
渦中の上海に、マーケティング調査のために出張した。

精力的に数多くの日本人駐在員の方々と情報交換したが、
まったく普段と変わらない様子であった。

日本の騒ぎぶりが信じられないといった風である。

050416shanghai1
(いつもと変わりない上海の街)

さすがに、この週末は、それなりに注意を払っていると思うが
日本で我々が想像しているような状態ではない。

出張時の上海の様子については
私のレポートが、Yahooニュース中国情報局
転載されているので、参照されたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050415-00000003-scn-int

http://forum.searchina.ne.jp/2005/0415/column_0415_001.shtml

愛国の熱情も大切だけれど、
熱くなり過ぎると客観情勢を見誤ることも
過去の歴史が教えてくれている。

« 九州が動き出す | トップページ | 福岡地震と反日デモと「ニッポンを売る!」 »

コメント

「とにかくビジネスマンたるもの、
冷静にチャンスを窺(うかが)おうではないか。」とは、30年近く中国とのビジネスの現場に携わっておられるから言えるコメントだと思います。そのとおりですね。
他国とのビジネスにはこのようなリスクは常に想定しておかないといけないというビジネスマンらしい見解だと思います。

 トラックバック有難うございました。
 60年安保のころ、国会議事堂が連日連夜デモに取り巻かれ、そのうち女子学生が殺されたと言うニュースがあった。その同時間帯に、数キロ離れた後楽園球場ではナイターが数万の観衆を集めていた。そしてここから「声なき声」と言うコトバが始まった。
 同時進行する諸現象の中で、ひとつは歴史的事件となり、ひとつは日常的現象になる。と言うことではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/3731174

この記事へのトラックバック一覧です: 反日の上海を行く:

» 中国人に問う「あなたは反日ですか?」 【取材記2回目】 [GripBlog 〜私がみた事実〜]
取材を受けてくださる中国の方が、なかなか見つかりません 私自身が中国語も英語もできないのが最大の弱点ではあるのですが、中... [続きを読む]

» フジとライブドアの和解 [つれづれ日記]
報道されている通りだとすれば、ライブドアが当初目論んでいた敵対的買収は成就しなかったものの、資本・業務提携を勝ち取ったことで実質的な「勝ち」となったと言えると思います。 ... [続きを読む]

« 九州が動き出す | トップページ | 福岡地震と反日デモと「ニッポンを売る!」 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば