2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 国会でも議論される農産物の輸出 | トップページ | 大牟田市で講演 »

2005.02.05

ようこそ ジャパン!

顧問先のある神田に行った折、
秋葉原に足を運んだ。

050202akihabara4

電気街の看板の
黄色や赤の原色の組み合わせのあの色遣いは、
アジアそのもの。

と、歩道の両端で目にとまったのが
「YOKOSO! JAPAN」の白い垂れ幕だ。

050202akihabara

国を挙げて、外人観光客を誘致しようという事業だが、
ここ秋葉原こそ、もっともホットなスポットだ。

外人客の大部分が、中国や香港、台湾、韓国からの
アジア系観光客である店も多く、
ほとんどが中国語の看板表記や中国人の販売員を置いている。

050202akihabara3

売上げの半分以上が中国系人観光客による店もあるという。

ちょうど春節(旧正月・今年の元旦は2月9日)前の
海外旅行シーズンということもあり、
あちこちで中国や台湾からの観光客がいた。

050202akihabara2

さらに隣の、アメ横まで足を伸ばすと
やっぱり、いるいる・・・
お買い物に熱中する中国系の人たち。

050202ameyoko貝柱や干し椎茸、豆菓子、化粧品など熱心に品定めしている。
ここもアジアの市場なのだ。

カメラやガイドブックをもった人、
駐在員の家族風の人たち、
それに寒い日本に重装備の
香港・台湾の観光客は
服装を見ただけですぐそれとわかる。

そう、秋葉原、アメ横、浅草は、
アジアからの観光客のゴールデンコースなのだ。

ようこそ! ニッポン

東京を楽しんだら、今度は
バラエティーに富んだ地方にもお越し下さいねッ!

« 国会でも議論される農産物の輸出 | トップページ | 大牟田市で講演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53959/2814430

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ ジャパン!:

» 秋葉? [Yorozu blog]
昨日はまた秋葉に行ってまいりまして、ちょこちょこっと買い物なんか してきちゃったわけですが、昨日は通常の巡回コース以外にラオックス本店へ 行ってみました。 ... [続きを読む]

« 国会でも議論される農産物の輸出 | トップページ | 大牟田市で講演 »

ブログについて


  • 誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。 優れたニッポンの商品・地域を「世界に向けて」売り込むのです。 日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地域商品や農林水産物の海外展開。 世界に誇れる観光地とおもてなしの心。「内向きではなく外向き」発想と行動で、ニッポンの地方の元気づくりを考えます。

筆者関連書籍


  • sonsi すでに第70刷を数える人気本。中国の古 典を現代ビジネス戦略に生かす知恵を分かりやすく解説。

  • rongo ビジネスマンの人としての生き方、企業としての在り方にヒントを与える孔子のことば